結婚式,受付

会費制の結婚式でご祝儀袋は必要なし!会費のスマートな渡し方

更新日:

最近増えてきている会費制の結婚式。
「ご祝儀だと新札をご祝儀袋に入れて受付で渡すというのはわかるけど、会費制って良く分からない。」そんな方も多いと思います。

そこで今回は、恥をかくことなくスマートに支払いができるように、会費制の結婚式でのマナーをご紹介します。

ブライダルフェアに行こう!

その日時にその挙式会場・披露宴会場で結婚式をできるのは、1組だけ。
結婚式をすることが決まったら、まずは早めにブライダルフェアに行きましょう。

・入籍予定日
・結婚式の時期(日取り)
・ゲスト人数
・予算
・どんな結婚式にしたいか

これらすべてが決まっていなくても大丈夫。デート感覚で一度ブライダルフェアに行くのもOKなんです。

今「ハナユメ」ではブライダルフェアの予約・見学などで最大40,000円の商品券がもらえるキャンペーンを実施中。

条件クリアで全員に最大15,000円商品券がもらえる!

会費制の結婚式に、ご祝儀袋はいらない

ご祝儀,ご祝儀袋

会費制の結婚式に参加するのが初めての場合、一番気になるのは「ご祝儀はどうするの?」という問題ではないでしょうか。

まずは会費の一般的な渡し方をご紹介していきます。

会費はご祝儀袋に入れずに、受付で直接渡すのが一般的

会費制の結婚式の場合、通常の結婚式とは違ってご祝儀袋を用意する必要はありません。

会場の受付で、受付の人に直接渡すのが一般的となっています。

ここで受付の人は正確に会費が合っているかどうかを確認していきます。

逆にご祝儀袋や封筒に入れて渡してしまった場合、受付の人は金額を確認するためにご祝儀袋や封筒を開けなければならなくなります。

参加者の人数にもよりますが、一つ一つ開けていたら相当な手間になってしますよね。

また、新郎新婦の友人が受付を担当することが多いので、ご祝儀袋で渡されると新郎新婦以外が開封していいものか迷わせてしまいます。

会費とは別にご祝儀を渡したと誤解される可能性もあるので気をつけてくださいね。

新札でなくてもいいが、新札の方が印象は良い!

ご祝儀袋に入れるお札は新札がマナーとされていますが、会費制の場合は特に決まりはありません。

先にお伝えした通り、支払った会費は受付で直接渡します。

集められたお金は誰が支払ったものかわからなくなるので、新札じゃないから恥をかくというようなことはないでしょう。

ただ、新郎新婦が後で会費を確認した際に、汚れたり折り目がついていたりする古札ばかりだとガッカリしてしまうことも。

新札を用意するというのはお祝いの気持ちが込められていますから、二人の結婚を祝福している気持ちとして新札で支払った方が喜ばれるでしょう。

受付の人が金額を確認する際も、やはり新札の方が好印象になります。

もちろん、わざわざ銀行へ行って新札に換えてもらわなくとも、手持ちの中で新札に近い状態のお札でも大丈夫ですよ。

それでは、会費制の結婚式の場合、ご祝儀は別途用意しなければならないのでしょうか?次の章では、会費制結婚式の場合のご祝儀について見ていきます。

会費とは別にご祝儀を用意する必要はなし

ご祝儀,ご祝儀袋

会費制の結婚式に参加する際の疑問として、「会費と別にご祝儀を用意するべき?」と悩む人も多いでしょう。

結論から言うと、会費制の結婚式の場合は会費自体にご祝儀分が含まれているので、別にご祝儀を用意する必要はありません。

ただし、これは一般的な話なので、地域性や新郎新婦との関係性によっては別に渡す場合もあります。

会費と別にご祝儀を渡すのがNGというわけではないので、気持ちとして「どうしてもご祝儀を渡したい」という場合も渡してかまいません。

会費とは別に、後日あらためてプレゼント送るのもアリ!

ご祝儀でなくても、会費が安い場合は後日あらためてプレゼントを贈るという手もあります。

また、一緒に参加した人は別に渡していたのに自分だけ用意していなかった!となって焦らないためにも、友人間で会費とは別にご祝儀やプレゼントを渡すのかどうかを確認しておくといいでしょう。

急遽参加できなくなった場合は、1万円程度のご祝儀を後日渡すのがオススメ

会費制の結婚式に招待されたけど参加できなかった場合は、通常の結婚式と同様に後日ご祝儀を渡すのがおすすめです。

その場合は通常の相場の3万円ではなく、1万円を包むといいでしょう。

「自分の結婚式でご祝儀もらったから」と同額の3万円を包んでしまうと、会費の金額を超えてしまう可能性が高いのでやめておいた方が無難です。

1万円では少ないと感じる場合は、プレゼントを添えて贈るようにしましょう。

注意しておきたいのは参加をドタキャンしなければならなくなってしまった場合です。

その場合は参加せずとも会費分の金額を渡すのがマナーになります。

次の章では、会費制結婚式の受付で気をつけることをチェックしてみましょう。

会費制結婚式の受付で気をつけるべきこと4つ

支払い,財布,現金

会費制結婚式の受付では、これさえ気をつけていれば大丈夫!というポイントを4つご紹介します。

1.会費はご祝儀袋に入れてはいけない

最初にお伝えしたとおり、会費はご祝儀袋に入れないようにしましょう。

受付の人が会費の金額を確認する際、手間になってしまいます。

とは言え、財布から取り出すのもちょっと・・・と思いますよね。

できるだけ財布に入れておくのではなく、ご祝儀袋ではない無地の封筒に入れて持って行きましょう。

受付で支払う際は、封筒からサッと取り出して直接渡します。

2.結婚祝い(プレゼント)は後日渡したほうが良い

会費とは別に気持ちとして結婚祝いを贈りたい場合、当日渡すのは避けましょう。

当日は新郎新婦も忙しく、荷物も多くなっています。

新郎新婦の手間になってしまう可能性が高いので、後日あらためて渡すのがベター。

直接が難しければ、郵送でもかまいません。吉日を選んで渡すと、さらに好印象になるかもしれませんね。

どうしても当日に渡したい場合は、事前に新郎新婦に渡しても大丈夫か確認をとっておくといいでしょう。

受付に預けると、伝達ミスなどで誰からの贈り物かわからなくなったり、忘れられてしまったりする可能性もあるので注意しましょう。

3.なるべくきれいなお札を用意しよう

銀行で用意した新札である必要はありませんが、なるべくきれいなお札を用意しておきましょう。

銀行が開いていない時間で、手元にきれいなお札がない場合は、駅など利用頻度の高いATMを利用するのがおすすめ。

出入金の多いATMはあらかじめ大量のお札がセットされており、きれいなお札が出てくる可能性も高いからです。

お祝い事で新札を用意するということは、「この日を楽しみに待っていました」という意味や「新しい門出をお祝いする」という意味が込められています。

会費制結婚式の場合はマナーというよりも気持ちとして、きれいなお札を用意して参加できるといいですね。

きっと新郎新婦にもお祝いの気持ちが伝わることでしょう。

4.おつりが出ないようにぴったりで支払う

財布から会費を支払う人にありがちな失敗は、おつりです!

多くの場合はキリのいい金額になっていますが、おつりが発生する可能性はあります。

直前になってどうしても手持ちにピッタリの額がないという場合は、一緒に参加する友人に両替してもらったり、コンビニで買い物をして崩したり、受付までに用意するようにしましょう。

それも難しい場合は、最後の手段として他の参加者が受付を終えた後のほうに受付をするようにしてください。

そのタイミングであれば、他の参加者が支払った会費でおつりを出すことができますし、後ろの人を待たせてしまう心配もありません。

次の章では、会費制結婚式でも会費とは別にご祝儀を渡すケースをご紹介します。

新郎新婦との関係性ごとに相場をご紹介しますので、チェックしてみてください。

会費制結婚式でご祝儀を渡すケースも

ご祝儀,ご祝儀袋

会費制結婚式でご祝儀を用意する必要はありませんが、以下の場合は渡すことも多いので確認しておきましょう。

家族や親せき

新郎新婦の家族や親せきの場合は、会費制かどうか、結婚式参加かどうかに関わらず、ご祝儀を渡すことが多いですね。

会費制結婚式の場合、家族や親せきの相場としては5万円~10万円となっています。いとこや遠い親戚の場合は3万円程度。

参加しない場合も1万円から3万円渡すのが一般的とされています。

新郎新婦の方が自分より年上の場合は、ご祝儀ではなくプレゼントでも大丈夫ですよ。

特に親しい関係の友人

親友など親しい関係の友人であれば、「会費とは別にご祝儀を渡したい」と思う方もいると思います。

その場合は、通常のご祝儀の額である3万円から会費の金額を引いた差額程度を渡すのがいいでしょう。

もしくは、その金額くらいのプレゼントを贈ることで、十分に祝福する気持ちは伝わるはずです。

別に包んだご祝儀やプレゼントが高額な場合は、逆に新郎新婦に気を遣わせてしまうこともありますので注意しましょう。

自分たちの結婚式でご祝儀を包んでもらった場合

先に自分が結婚式を挙げており、ご祝儀をいただいていた場合は別にご祝儀を渡すのがいいでしょう。

その場合は、自分たちがご祝儀でいただいた金額から会費を引いた差額分を目安に渡しましょう。

いただいた金額を超えて渡すのはマナー違反ととられることもあるので要注意です。

仕事の上司など

新郎新婦の上司にあたる場合は職にもよりますが、基本的に5万円から会費を引いた差額分程度が相場になります。

ただし、かなり上の役職に就いているのであれば、5万円を渡すこともあります。

上司からのご祝儀の金額は社内で話題になることも多いので、相場より低い金額はやめておいた方が無難ですね。

やむを得ない理由で欠席する場合

やむを得ない理由で欠席しなければならない場合は、1万円~会費分までの金額を渡すのがいいでしょう。

自分がご祝儀をいただいている場合や、新郎新婦との関係性によっては相場より多めに渡してかまいません。

ただし、自分がいただいた金額を超えたり、通常のご祝儀の相場より多く渡したりするのはやめておきましょう。

また、一度参加で返事をしたにも関わらず、ドタキャンで欠席する場合は会費を全額、ご祝儀として渡すのがマナーです。

ご祝儀の渡す際のポイント3つ

続いてご祝儀の渡し方をチェックしておきましょう。

1.金額の目安は5,000~10,000円

新郎新婦との関係性ごとでもご紹介しましたが、通常のご祝儀の金額から会費分を引いた差額分が会費制結婚式でのご祝儀の相場となります。

その場合、5,000円~10,000円前後になることが多いでしょう。

半端な金額はマナー違反にあたるので、5,000円や10,000円を超える分はプレゼントを添えるのがおすすめです。

2.ご祝儀袋のデザインはシンプル系がオススメ

ご祝儀袋のデザインはいろいろありますが、結婚式当日に渡すわけではないので、通常よりシンプル系のデザインを選ぶようにしましょう。

もちろん、関係性が親しい友人などであればユニークなデザインやカラフルなご祝儀袋でもOKです。

3.渡すタイミングは結婚式以外の日に手渡しがベスト

ご祝儀を渡すタイミングは結婚式以外の日に手渡しするのがいいでしょう。

当日に受付で渡すのは、他の参加者の目もありますし、受付の人の負担になってしまうので避けます。

近日中に会う機会を設けることが難しいようなら、結婚式前後の吉日に届くよう郵送で送りましょう。

その場合は、現金書留で送ることになります。普通郵便や宅配便に添えて送るのはNGですよ。

現金書留で送る際もご祝儀袋に入れて送るので、現金書留専用の封筒に入れやすいようにシンプルなデザインのご祝儀袋がおすすめです。

まとめ

・会費制結婚式にご祝儀袋はいらない!渡したい場合は後日にして
・スマートに支払えるよう、きれいなお札をピッタリの額で用意を
・別途、ご祝儀を渡したい場合は、5,000円~10,000円程度で

最近は会費制結婚式が増えて来ているので、会費制結婚式のマナーが気になっていた人は多いのではないでしょうか。

新郎新婦に喜んでもらうためにも、会費制結婚式に参加する方はぜひ参考にしてくださいね。

以上、会費制結婚式のご祝儀についての記事でした。

昨年の令和への改元や、今年はオリンピックイヤーだということもあり、結婚式場探しをしている人が今とても増えています。

さらに1月~2月は一年で最も結婚式場探しをする人が多いシーズン!
人気の式場・人気の日取りで結婚式をしたいなら早めの動き出しが吉◎

さらに今ならもれなく全員に商品券がもらえるキャンペーンを実施中!

条件クリアで全員に最大15,000円商品券がもらえる!

筆者オススメ「結婚式場検索サイト」

Hanayume(ハナユメ)

結婚式場探しなら「ハナユメ」がお勧め。

ハナユメを利用すると、ブライダルフェアの予約・見学など条件クリアで全員最大15,000円の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中。

※まずはエントリー!30秒でエントリー完了できます!

HIMARI(ヒマリ)

ヒマリ

HIMARI(ヒマリ)は結婚式場を「ネット予約」できるサイトです!気に入った結婚式場・プランが見つかったら、式場に行かなくてもネットで仮予約までできます!

・挙式をしたい日や時期が明確な人

・結婚式にかかる費用が心配な人(特に、自己負担となる金額を極力少なくしたい人

・結婚相手と予定がなかなか合わず、式場探しをスムーズに進めたい人

→こんなあなたは、ぜひヒマリをチェックしてみてください!

-ご祝儀・参列者のマナー

Copyright© ウエディングコンシェルジュ , 2020 AllRights Reserved.