ハナユメとゼクシィどっちがお得?評判・口コミ徹底検証

【徹底比較】ゼクシィvsハナユメどっちがお得?特徴・キャンペーンまとめ

投稿日:

結婚式場を探すときに、王道のゼクシィで探すか、渡辺直美さんのCMで有名なハナユメで探すか、どっちがお得なのでしょうか?

今回はお得に結婚式場を探したいカップルに向けて、「ゼクシィ」と「ハナユメ」の違いやそれぞれの特徴・評判について徹底比較していきます。

ブライダルフェアに行こう!

その日時にその挙式会場・披露宴会場で結婚式をできるのは、1組だけ。
結婚式をすることが決まったら、まずは早めにブライダルフェアに行きましょう。

・入籍予定日
・結婚式の時期(日取り)
・ゲスト人数
・予算
・どんな結婚式にしたいか

これらすべてが決まっていなくても大丈夫。デート感覚で一度ブライダルフェアに行くのもOKなんです。

今「ハナユメ」ではブライダルフェアの予約・見学などで最大26,000円の商品券がもらえるキャンペーンを実施中。

条件クリアで全員に最大26,000円商品券がもらえる!

ゼクシィとハナユメそれぞれの特徴を知ろう!

まずはそれぞれのサービスについて特徴を理解しましょう。

ゼクシィの特徴

・リクルート社が運営する国内最大の結婚式場情報媒体(1993年雑誌創刊)
・紹介会場は全国で約2700会場以上
・対応エリアは日本全国。国内外のリゾートウエディングも紹介。
・ブライダルフェア予約で最大20,000円の商品券のプレゼント(主要エリアのみ)
・ゼクシィ相談カウンターは全国63店舗展開
・イメージモデルは記事修正・加筆時現在、堀田真由さんと鈴木仁さん

ハナユメの特徴

・名古屋にあるIT企業エイチームの子会社が運営する結婚式場情報サイト
・2016年11月までは「すぐ婚navi」の名称だった
・紹介会場は全国で約700会場以上
・対応エリアは関東・東海・関西・九州・国内外のリゾートウエディング
・ブライダルフェア予約で最大26,000円の商品券のプレゼント(全エリア対象)
・ハナユメウエディングデスクは上記エリアで12店舗展開
・イメージモデルは現在、お笑いタレント・司会者・女優・歌手の渡辺直美さん

ゼクシィとハナユメの違いを徹底比較!

では早速、利用するのにあたって気になるポイントを両サイトを比較していきましょう。

紹介可能な結婚式場数

紹介できる結婚式場数は、

ゼクシィ(約2700会場以上)> ハナユメ(約700会場以上)

なので、ゼクシィの方が圧倒的に多いです。

ただし、ハナユメはサービス展開エリアを関東・東海・関西・九州に絞っているため、全国の会場数だけで単純に比較すると当然少なく見えますが、展開エリア内での主要な結婚式場はある程度網羅されているようです。

サービス展開エリア

サービス展開エリアは、

ゼクシィ(日本全国)> ハナユメ(関東・東海・関西・九州)

なので、こちらもゼクシィの方が対応エリアは広いです。

ゼクシィは北海道や東北なども含めた47都道府県すべてに対応しています。もちろん国内外のリゾートウエディングの紹介もあります。ゼクシィ相談カウンターは全国63店舗で展開されています。

ゼクシィ対応エリア
全国47都道府県

ハナユメは関東・東海・関西・九州の20都道府県に対応しています。ゼクシィ同様国内外のリゾートウエディングの紹介も行われています。また、ハナユメウエディングデスクは主要エリアの9都府県の12店舗展開されています。

ハナユメ対応エリア
東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、愛知、岐阜、三重、静岡、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、福岡、佐賀、長崎

顧客満足度

サービスを利用したお客さまの満足度は、

ハナユメ > ゼクシィ

となっています。

満足度の理由としては、オリコン社の発表している「結婚式場相談カウンターのランキング」で2017年~2020年の4年連続で第1位を受賞しているからです。

特に「担当者のサポート力」という項目で唯一79点以上を取っているのは、ハナユメだけとなっています。

結婚式場相談カウンターのランキング・比較

タップして拡大

キャンペーン金額

それぞれどちらも、サイト経由からブライダルフェアに参加すると、最大26,000円の商品券がもらえるキャンペーンが現在行われています。以下情報は記事加筆修正時のものです。

キャンペーンでもらえる最大金額を比較すると、

ゼクシィ(最大20,000円) = ハナユメ(最大26,000円)

です。

ただし、何件目の参加かによって貰える金額に違いがあります。

  ゼクシィ ハナユメ
1件目参加 5,000円 5,000円
2件目参加 15,000円 15,000円
3件目参加 20,000円 20,000円
相談デスク利用 相談デスクからの予約は対象外 +6,000円 ※デスク利用なしの式場決定でも+6,000円にもなる

つまりキャンペーンは、

1式場だけの参加なら、ハナユメがお得
2式場行くなら、ゼクシィの方がお得
相談デスクを利用するなら、ハナユメの方がお得

だと言えるでしょう。

補足ですが、ゼクシィは次の点に注意が必要です。

・主要エリア以外だと減額
・参加した見学・ブライダルフェアの会場で撮影した写真を送付が必要
・ゼクシィ相談カウンターからの予約はキャンペーン対象外

割引プラン

割引プランとは、そのサイトを利用することで受けられる結婚式費用の割引のことです。

割引プランが充実しているのは、

ハナユメ > ゼクシィ

です。その理由は、ハナユメ割があるから。

ハナユメ割とは、結婚式の実施時期を少し前倒しするだけで、同じ式場・同じ料理・同じドレス・同じ結婚式でも100万円以上おトクになる*こともあるハナユメ限定の割引プランのことです。
※ハナユメから式場見学を予約し成約いただくことが条件です
※式場、日時、人数によっては、割引額が100万円より下回る場合もあります

なお、ゼクシィには「プレミアム特典」というものがありますが、ゼクシィ相談カウンターの利用が必要なため、割引額があいまいです。

探しやすさ

個人的な好みもあるでしょうけど、式場の探しやすさは、

私は、ハナユメ > ゼクシィ

だと思います。

理由としては、写真の枚数と大きさです。インスタ感覚で探すことができるので、曖昧なイメージを具体化しながら探すことが出来るからです。

一方で細かい条件検索はゼクシィの方が使いやすいと思います。

ゼクシィとハナユメの比較表まとめ

最後に、上述した内容を分かりやすく比較表にまとめてみました。

  ゼクシィ ハナユメ
紹介式場数 約2,700会場 約700会場
対応エリア 日本全国 関東・東海・関西・九州
相談カウンター 62店舗 12店舗
キャンペーン 最大20,000円 最大26,000円
キャンペーン対象エリア 主要エリアのみ対象 カバーエリアは全て対象
キャンペーン対象人数 条件クリアで全員 条件クリアで全員
その他注意事項 相談カウンター利用者は対象外 相談カウンター利用者も対象
割引プラン プレミアム特典 ハナユメ割
探しやすさ 細かい条件での検索は良い インスタ感覚でイメージから探せる

結論!総合的に見てハナユメの方が「お得」

結論どちらがお得かですが、キャンペーンの金額や割引プランなどお得さだけで言えば、ハナユメがおすすめです。

もちろん、より多い選択肢から選びたい場合やサイトの知名度を考えて、ゼクシィを選ぶのも悪くないでしょう。

ただし、せっかくこの記事を見てくださった方のように、知名度とかではなく冷静にどちらがお得か判断できるような方であれば、よりお得なハナユメをおすすめします。

ハナユメ・ゼクシィの評判・口コミはどう?

さてここまででゼクシィとハナユメの違いについて理解いただいたと思いますが、実際のところ評判や口コミはどうなんでしょうか。

以下に実際の利用者のSNSの声をまとめてみました。

ゼクシィの評判

ハナユメの評判

結婚式の予算をできるだけ抑えたければ、まずハナユメへ相談へ行った方がいい

ハナユメの無料相談デスクが凄すぎ

色々出費がかさむ結婚式前に頂けて本当助かります♡

式場見学のポイント等も親切に教えて頂いたので、右も左も分からない私達はとても勉強になりました♥️

View this post on Instagram

2017/1/14 ウエディングデスク、ハナユメさんに💕 (画像お借りしてます) . 漠然と、海が見えるとこが良いなーーとしか考えてなかったけど、、(笑) . 大きなスクリーンで色んな式場を見ながらカウンセリングをしてもらって💕1月は福袋企画や決算月でもあるということで、月内に5つの式場を予約👗💍 . (予約して貰えるのありがたい、、電話嫌や。笑) . 式場見学のポイント等も親切に教えて頂いたので、右も左も分からない私達はとても勉強になりました♥️ . その日にハナユメさんの沖縄前撮りプランも紹介してもらい、沖縄大好きな私は妄想が止まらない日となりました。うふ . #プレ花嫁 #ハナユメ #hanayume #ウエディング #ブライダル#結婚式前撮り

A post shared by @ ruub8787 on

最初はブライダルという不透明なものを扱う会社なんて… 何か契約しないと返してもらえないような恐ろしい所だ‼️としか思えなかったんですが(笑)

View this post on Instagram

#ハナユメ カウンターに行ってきました(゚∀゚) 最初はブライダルという不透明なものを扱う会社なんて… 何か契約しないと返してもらえないような恐ろしい所だ‼️ としか思えなかったんですが(笑) たくさん有益な情報も仕入れられたし、見つけられなかった良さそうな式場も教えてもらえて良かったです😊 3万円もらえたらルンバ買うぞー(о´∀`о) . . . . . #入籍しました #結婚しました #ウエディングニュースブライズレポーター #派手好き #婚約しました #婚約 #日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #プレ花嫁 #結婚準備 #入籍 #結婚 #marry花嫁 #式場探し

A post shared by @ 18kyh on

まとめ

この記事では、ゼクシィとハナユメの違いや特徴について紹介してきました。

ゼクシィは紹介式場数が多く、対応エリアが全国というのが特徴。

ハナユメキャンペーンやハナユメ割など、式場探しにおいてお得なメリットがあるサービスです。

結婚式場の実施検討エリアや懐事情などを考慮して、それぞれのサービスを選べるといいですね。

昨年の令和への改元や、今年はオリンピックイヤーだということもあり、結婚式場探しをしている人が今とても増えています。

さらに1月~2月は一年で最も結婚式場探しをする人が多いシーズン!
人気の式場・人気の日取りで結婚式をしたいなら早めの動き出しが吉◎

さらに今ならもれなく全員に商品券がもらえるキャンペーンを実施中!

条件クリアで全員に最大26,000円商品券がもらえる!

筆者オススメ「結婚式場検索サイト」

Hanayume(ハナユメ)

結婚式場探しなら「ハナユメ」がお勧め。

ハナユメを利用すると、ブライダルフェアの予約・見学など条件クリアで全員最大26,000円の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中。

※まずはエントリー!30秒でエントリー完了できます!

HIMARI(ヒマリ)

ヒマリ

HIMARI(ヒマリ)は結婚式場を「ネット予約」できるサイトです!気に入った結婚式場・プランが見つかったら、式場に行かなくてもネットで仮予約までできます!

・挙式をしたい日や時期が明確な人

・結婚式にかかる費用が心配な人(特に、自己負担となる金額を極力少なくしたい人

・結婚相手と予定がなかなか合わず、式場探しをスムーズに進めたい人

→こんなあなたは、ぜひヒマリをチェックしてみてください!

-式場検索サイト・相談カウンター比較

Copyright© ウエディングコンシェルジュ , 2020 AllRights Reserved.