結婚式 少人数

30人結婚式の平均費用は176万円!少人数結婚式を挙げるポイント

更新日:

ゲストが30人規模の結婚式の場合、結婚式にかかった費用の平均は176万円でした。ハナユメ調べ

30人くらいの結婚式だと、親族や友人といったごく近しい人に囲まれてきめ細かにおもてなしができます。

ただゲスト人数が少ないだけに、寂しい雰囲気にならないか、30人でも結婚式ができる式場があるのか情報が少なく不安な人もいるでしょう。

この記事では「ゲスト人数が多くない場合の演出やおもてなし例」「人数にマッチした結婚式場の探し方」についてお伝えしていきます。

式場に行く前に仮予約ができる!

結婚式場予約サイト「ヒマリ」は、ネットで挙式の空き状況がわかり、希望日時が空いていたらネットで日程の仮予約までできる業界初のサービスです!

仮予約期間は2週間だから、その間にじっくりその式場に決めるか検討することができます。(ヒマリで仮予約できるのは、ヒマリに掲載の全式場です。)

もちろん、仮予約中に結婚式場の「見学」や「試食」をすることもできるので、納得して結婚式場を決められるんです! 掲載しているのは、想定自己負担額0円~99万円以下のプランだけだから、予算に合わせた結婚式場探しが簡単にできます。

・挙式をしたい日や時期が明確な人
・結婚相手と予定がなかなか合わず、式場探しをスムーズに進めたい人

⇒こんなあなたはヒマリをチェック!

 \式場にいかなくても仮予約ができる/

30人規模の結婚式でかかる平均費用は176万円

新郎新婦 ハグ

先ほどの通り、30人規模の結婚式にかかる平均費用は176万円という結果がでています。

なお、式場のエリアや会場タイプ、結婚式の規模や演出の有無などにより金額は変動します。

30人規模のご祝儀概算は約90万円

結婚式は、全額を自己負担して行うわけではありません。いただいたご祝儀を費用の一部にあてることを念頭に置いておきましょう。

ご祝儀でもらえる費用の目安は、参加ゲストひとり当たり3万円で計算すると良いでしょう。

30人規模の場合のご祝儀想定額
30人×3万円=90万円

関係性ごとにある程度の相場は決まっているものの、地域によっても異なります。また、夫婦や家族で参加する人が多いと一人当たりの金額も異なってきます。

いくらもらえるか当日にならなければわかりません。あくまで想定額であることを理解しましょう。

ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

自己負担額はおよそ86万円

自己負担額の想定金額は、結婚式費用からご祝儀金額を差し引くことで算出できます。

【30人結婚式の自己負担額想定金額】
結婚式の平均費用―ご祝儀想定金額=自己負担想定金額
176万円-90万円=86万円

30人規模の場合の自己負担額は、およそ87万円だということがわかるでしょう。

ちなみにゲストの人数が多くなると、自己負担額は増えるのでしょうか。ハナユメの調査から算出すると以下のとおりです。

人数別平均結婚式費用と自己負担想定額一覧
ゲスト人数 平均費用 想定ご祝儀金額 自己負担想定額
30人 176万円 90万円 86万円
40人 203万円 120万円 83万円
50人 245万円 150万円 95万円
60人 285万円 180万円 105万円
70人 329万円 210万円 119万円
80人 375万円 240万円 135万円

人数が増えると、自己負担想定額は増えていることがわかりました。

ここまで30人規模の結婚式でかかる費用についてお話してきました。次の章では、30人規模の結婚式の特徴について紹介します。

ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

30人規模ならアットホームな結婚式が叶う!

新郎新婦 ナチュラル

30人という限られた人数での結婚式だからこその特徴があります。以下に3つ挙げてみました。

・ゲスト構成が限定的
・お互いの距離が近い
・祝辞や余興をしないケースも

順に見ていきましょう。

ゲスト構成が限定的

30人という少人数のため、ゲストの構成は極めて限定されます。

よくあるのは家族や親族だけでも30人規模になるケースです。また、加えて親しい友人も招待するケースもあります。

親しい関係のゲストばかりだからこそ、アットホームな雰囲気で結婚式が行えるでしょう。歓談中心で会食形式の披露宴(食事会)をする場合でも、寂しい印象を与えない工夫は必要かもしれません。

ゲストとの距離感が近い

大人数の挙式と比べ、30人規模の結婚式ならばゲストとの距離感が近くなります。招待客の内訳によっては、親族に一部友人が混ざる席次になることもあるでしょう。

ゲストが居心地の悪さを感じないよう、配慮した席次を考えることが大切です。

祝辞や余興をしないケースも

さらに、祝辞や余興といった、披露宴ならではの演出をなしにすることが多いのが特徴です。披露宴というよりは、食事会といったスタイルを選ぶカップルもいます。

ただし、ケーキカットや親への感謝の手紙は、30人規模の披露宴でも行うことが多い人気の演出です。少人数でも、お色直しを行うケースもあります。

ここまでは、30人規模の結婚式の特徴について紹介しました。次の章では、30人規模の結婚式を選ぶカップルについて紹介します。

ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

30人規模の結婚式を行なう人ってどんな人?

新郎新婦 LOVE

30人規模の結婚式を行なうカップルの特徴は、以下の4パターンです。

・アットホームな雰囲気を好む人
・ゲスト同士の交流を望む人
・料理や雰囲気をゆったり楽しみたい人
・費用をあまりかけないで結婚式を行ないたい人

順に紹介します。

アットホームな雰囲気を好む人

30人規模の結婚式は、大人数の結婚式とは異なり、アットホームな雰囲気が特徴です。

あたたかく落ち着いた雰囲気の結婚式を挙げたいふたりが、30人規模の結婚式を選ぶ傾向にあります。

ゲスト同士の交流を望む人

ゲスト同士にも交流してほしいと考えているカップルが多いのも、特徴のひとつです。

人数が増えると、最初からの知り合い同士で盛り上がるだけになりがちですが、30人規模では初対面同士のゲストが会話をする機会もあるもの。新郎側・新婦側のゲストが交流しやすい雰囲気だといえるでしょう。

料理や雰囲気をゆったり楽しみたい人

大人数の結婚式では、新郎新婦は演出などでたくさん動く必要があります。まともに食べている時間がないということも珍しくありません。

30人規模の結婚式で、演出をそれほど入れ込まなければ、比較的ゆったり過ごせるでしょう。

費用をあまりかけないで結婚式を行ないたい人

人数が少なければ少ないほど、結婚式費用は下がります。できるだけ予算をかけずに結婚式を行いたいカップルも、30人規模を選ぶことが多いです。

次の章では、30人規模の結婚式を行なう際、気を付けておきたいポイントを紹介します。

ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

30人規模の結婚式で考慮すべきポイント

新郎新婦 キス

30人規模の結婚式で考慮すべきポイントは、以下の3点です。

・広すぎる会場を選ばない
・席次やレイアウトにこだわる
・両家の意向にきちんと配慮しておく

以下で詳しく紹介します。

広すぎる会場を選ばない

挙式・披露宴会場ともに、30人に対して広すぎる会場では、かなり寂しい印象になってしまいます。人数に応じた適切な広さの会場を選びましょう

ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

席次やレイアウトにこだわる

30人と限られた人数だからこそ、席次やテーブルのレイアウトにも気を配りましょう。プランナーに相談してみることもオススメです。どのような式を行いたいか、イメージをしっかり固めておきましょう。

図 ゲスト30名の場合の席次例

両家の意向をきちんと配慮しておく

親によっては、大人数を招く盛大な結婚式を当たり前のものと考えている場合があります。

少人数の結婚式に対して抵抗感がある可能性があるため、親にはあらかじめ人数の規模感と結婚式の演出イメージを伝えて理解してもらいましょう

なぜ大人数にしないのかについても、きちんと説明しておくことが大切です。

また、少人数(親族のみの)結婚式の場合、引出物などギフトについても両親たちの意向を聞いておくことが重要です。

家族へは基本用意しないけど事前相談がベスト!引出物に関する注意点

黒板 チョーク
親族への引出物を用意するか、何を用意するかはまず親に相談したうえで決定しましょう。若い世代には人気のあるカタログギフトも、年配の親族になると申し込み方法が理解しづらいといったケースもあります。

関係性や好みに沿ったアドバイスは参考になります。親の意見を採り入れながら選びましょう。

なお、親や兄弟(姉妹)に対しては、引出物を用意しないケースが基本です

ただし、感謝の気持ちを伝えるために手紙と一緒に贈り物を用意する演出を加えるケースもあります。また、プチギフトは親やきょうだいの分を用意しておいてもいいでしょう。

ゲスト30人規模の結婚式にぴったりの結婚式場を探すならHIMARI(ヒマリ)がオススメ

カップル 笑顔

寂しく見えないような会場選びが重要な30人規模の結婚式。30人規模の結婚式が叶う式場を、スムーズに探したいなら結婚式場予約サイトHIMARIがオススメです。

HIMARI(ヒマリ)はハナユメの運営会社がスタートしたサービスで、結婚式場が探せるだけでなく、希望時期の空き状況や費用までネットで詳しくわかります。

ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

希望に合う結婚式場・プランが見つかったら、ネット上で「仮予約」をすることもできます。
事前に希望日程をキープしてから結婚式場に見学に行けるので、式場にせっかくいったのにの空きがなく無駄足になるようなこともありません!

詳しくは下記の記事もチェックしてみてくださいね。

HIMARI(ヒマリ)は結婚式空き日程検索ができる!お勧め理由3選

3月にHIMARI(ヒマリ)という結婚式場予約サイトがリリースされました。 HIMARI(ヒマリ)の ...

続きを見る

最後に、今回の記事を振り返ってみましょう。

まとめ

アットホームな30人規模の結婚式。今回紹介した内容の要点をまとめると、

・結婚式費用の全国平均金額は176万円
・少人数での結婚式が寂しい印象にならないよう、会場選びには配慮を
・親への説明・確認はマスト!理解を得たうえで準備を進めて

30人規模の結婚式には、大人数にはないゆったりとした良さがあります。今回の記事を参考にしながら、ふたりらしい結婚式を考えてみてくださいね。

以上、30人規模の結婚式についての記事でした。

昨年の令和への改元や、今年はオリンピックイヤーだということもあり、結婚式場探しをしている人が今とても増えています。

さらに1月~2月は一年で最も結婚式場探しをする人が多いシーズン!
人気の式場・人気の日取りで結婚式をしたいなら早めの動き出しが吉◎

さらに今ならもれなく全員に商品券がもらえるキャンペーンを実施中!

条件クリアで全員に最大15,000円商品券がもらえる!

筆者オススメ「結婚式場検索サイト」

Hanayume(ハナユメ)

結婚式場探しなら「ハナユメ」がお勧め。

ハナユメを利用すると、ブライダルフェアの予約・見学など条件クリアで全員最大15,000円の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中。

※まずはエントリー!30秒でエントリー完了できます!

HIMARI(ヒマリ)

ヒマリ

HIMARI(ヒマリ)は結婚式場を「ネット予約」できるサイトです!気に入った結婚式場・プランが見つかったら、式場に行かなくてもネットで仮予約までできます!

・挙式をしたい日や時期が明確な人

・結婚式にかかる費用が心配な人(特に、自己負担となる金額を極力少なくしたい人

・結婚相手と予定がなかなか合わず、式場探しをスムーズに進めたい人

→こんなあなたは、ぜひヒマリをチェックしてみてください!

-結婚式に呼ぶゲスト選び・列席人数

Copyright© ウエディングコンシェルジュ , 2020 AllRights Reserved.