新郎新婦,悩み

マイナビウエディングがサイトよりもサロンが便利な理由を徹底比較

更新日:

マイナビウエディングを使ってみたいけれど、「サイトとサロンでよりお得なのはどちらだろう」と思っている人もいるでしょう。

まだ候補の式場が見つかっていない人は、マイナビウエディングのサロンを使ってみてください。なぜなら、式場によってはサロン限定特典がつく可能性があるからです。

また、ゼクシィと違って、サロンを使っても式場探しキャンペーンは対象です。条件が合えば数万円分のギフト券が貰えます!(2020年10月記事加筆修正時現在)

マイナビウエディングのより有効な使い方を一緒に探りましょう。

ブライダルフェアに行こう!

その日時にその挙式会場・披露宴会場で結婚式をできるのは、1組だけ。
結婚式をすることが決まったら、まずは早めにブライダルフェアに行きましょう。

・入籍予定日
・結婚式の時期(日取り)
・ゲスト人数
・予算
・どんな結婚式にしたいか

これらすべてが決まっていなくても大丈夫。デート感覚で一度ブライダルフェアに行くのもOKなんです。

今「ハナユメ」ではブライダルフェアの予約・見学などで最大26,000円の商品券がもらえるキャンペーンを実施中。

条件クリアで全員に最大26,000円商品券がもらえる!

マイナビウエディングはサイトよりサロンが頼れる&便利!

ウェディングプランナー,女性,電話

マイナビウエディングは、就職活動や人材派遣などでお馴染みのマイナビが運営しています。

ウエディング関連の情報を掲載している「マイナビウエディングのWEBサイト」と、プロのアドバイザーが結婚式関連全般の相談に無料でのってくれる「マイナビウエディングサロン」があります。

どちらを利用したほうがよりお得になるのでしょうか。

結論としては、マイナビウエディングサロンがよりおすすめです。理由は下記4つ挙げられます。

サロン利用をおすすめする理由
・無料で自分たちの希望や条件に応じた式場を紹介してもらえる
・マイナビウエディングサロン限定特典がある
・マイナビウエディングのキャンペーンは、サロンを利用するとさらにプレゼントされる金額が増える
・マイナビはサロンを利用してもキャンペーンは適用になる
(ゼクシィの場合は、サロン経由の場合キャンペーンは適用になりません)

自分たちのペースでゆっくり調べたい人はサイトでの検索がおすすめですが、一方、効率良く自分たちの希望の式場を探したい人には、プロのアドバイザーに一括して相談できるサロンの方が良いでしょう。

マイナビウエディングサロンのメリット・デメリット

それでは、マイナビウエディングサロンのメリットとデメリットを紹介します。

メリット
サロン限定特典がつく場合がある。
・直接行かなくても電話やwebでの相談が可能
・無料でプロのアドバイザーに相談ができる
・相談する時点では結婚式のイメージが明確になっていなくても、アドバイザーと相談する中で色々な可能性を引き出してもらえる

マイナビウエディングサロン限定の特典は、コース料理を2ランクアップできたり、結婚式の総額から30万円の割引があるなどです。

お得に結婚式を挙げることができて、これはかなりお得ですね。

デメリット
・ゼクシィと比べた場合、サロンの数が少ない
・最寄りのサロンまで行くのに時間がかかる場合もある
・相談そのものに2時間程度の時間がかかる

マイナビウエディングサロンは21箇所あり全国に63箇所あるゼクシィ相談カウンターに比べるとその数はかなり劣ってしまいますね。(2020年10月執筆時現在)

最寄りにサロンがない場合はメリットでもお伝えしたように、電話やwebでの相談を利用できます。

また、相談そのものは2時間程度の時間がかかるものの、アドバイザーが希望を詳細に引き出してくれるため、自分たちの挙げたい結婚式像がより明確になります。

マイナビウエディングサロンのメリットとデメリットをお伝えしましたが、これはゼクシィやハナユメなどの類似する結婚式場紹介サイトのウエディングデスクのメリット・デメリットとほぼ同様です。

マイナビウエディングのWEBサイトのメリット・デメリット

次に、マイナビウエディングのWEBサイトのメリット・デメリットを紹介します。

メリット
・自分たちのペースで納得しながら式場探しが進められる
・読み物としても楽しめる特集記事も充実しているので、イメージを膨らませて式場を探せる
・サロンに相談に行けなくても、WEBメールでの相談ができる

ハナユメのサイトは希望の地域から会場を探すというとてもシンプルなものですが、ゼクシィやマイナビウエディングのWEBサイトは、読み物としても充実しています。

マイナビウエディングは「オトクにウエディング大作戦」や「お肉が食べられるフェア特集」など、独自の視点での式場紹介もしており、見ているだけでイメージもわきやすい、充実の内容です。

デメリット
・エリアによっては掲載式場数が少ない場合がある
・サロン限定の割引など、マイナビで最もお得な情報が確認できないこともある

次に、マイナビウエディングの最新キャンペーンについて紹介します。

サロン利用者も使える!マイナビウエディングの最新キャンペーン【2020年10月最新版】

2020年10月現在で行われている「 マイナビウエディング 2020年9月度 カップル応援キャンペーン」は、サロンとサイトのどちらからでも同じキャンペーンを利用できます。

マイナビウエディング 2020年9月度 カップル応援キャンペーン
期間 エントリー期間 : 2020年9月1日(火)~10月13日(火)
申込書控え提出期間 : 2020年9月1日(火)~11月12日(木)
プレゼント内容 式場見学数を問わず、マイナビウエディングで式場を決定すると
40,000円分の選べる電子マネー

参考: マイナビウエディング 2020年9月度 カップル応援キャンペーン

先ほどもお伝えしたとおり、ゼクシィとは違いマイナビのキャンペーンはサロンからの式場予約でもキャンペーンの対象になり、最もお得になります。

注意・指輪探しキャンペーンはサロンでの予約は対象外!サイト・TEL予約のみ

一方、現在行われている指輪探しキャンペーンはサイト・TEL予約のみが対象で、サロンでの予約は対象外となりますのでご注意ください。

マイナビウエディング 2019年春夏 指輪探し応援キャンペーン
期間 エントリー期間:2019年4月23日(火)~2019年7月4日(木)23:59
応募情報登録期間:2019年4月23日(火)~2019年7月25日(木)23:59
プレゼント条件 ジュエリーショップに来店予約→ふたりでショップに来店。来店後、口コミ・写真を投稿する。
プレゼント内容 1店舗以上の来店で6,000円分。さらに指輪の購入で、最大100,000円分の電子マネー。
1店舗来店し、指輪を購入。
総額50,000円以上150,000円未満の場合8,000円分のギフト券
総額150,000円以上800,000円未満の場合10,000円分のギフト券
総額800,000円以上1000,000円未満の場合12,000円分のギフト券
総額1000,000円以上の場合15,000円分のギフト券
2店舗以上来店し、指輪を購入。
総額50,000円以上150,000円未満の場合10,000円分のギフト券
総額150,000円以上800,000円未満の場合30,000円分のギフト券
総額800,000円以上1000,000円未満の場合50,000円分のギフト券
総額1000,000円以上の場合100,000円分のギフト券

参考:マイナビウエディング 2019年春夏 指輪探し応援キャンペーン

こちらは来店数が多いほどプレゼントの金額も増えます。サロン経由ではなく、必ずWEB予約や電話予約をしましょう。

それでは、マイナビウエディングサロンを実際に利用する方法をお伝えしていきます。

マイナビウエディングサロン利用なら事前予約がオススメ!サロン・サイトの使い方

カップル,スマホ,相談

マイナビウエディングサロンは事前に予約が必須です。利用するまでの流れについて詳しくお話ししましょう、

マイナビウエディングサロンの利用方法

マイナビウエディングサロンを利用する場合は、事前に予約しておく必要があります。

急に相談に行きたくなった場合でも、満席で無駄足とならないよう当日予約でもかまわないので必ず連絡をしてください。

予約の流れ
下記サイトより希望店舗・日時を決め、来店予約ボタンを押す
https://wedding.mynavi.jp/contents/salon/
 ↓
予約者情報を入力する
 ↓
後日確定連絡が着たら、予約完了!

予約の方法はいたって簡単ですよね。せっかく行っても案内してもらえなかった、などとならないようサロン利用時は必ず早めに予約をしましょう。

マイナビウエディングのWEBサイトの使い方

つぎに、マイナビウエディングのWEBサイトから式場を探し、見学予約をする方法をお伝えします。

探し方は人それぞれです。希望地域が決まっている人はエリアから、費用が気になる人はプランから探してみてください。

また、試食ができるブライダルフェアにまずは参加したい、という人はブライダルフェアから探すこともできます。

希望の式場やブライダルフェアが決まったら、予約をします。

参加人数・お名前・電話番号・メールアドレス・性別などの予約者情報を入力し、送信するだけですから予約もとても簡単です。

最後に、主なウエディングサイト3つを比較します。

マイナビウエディングはゼクシィ・ハナユメの特徴を総合したオールラウンダー

ビーチウェディング

主なウエディングサイトである、ゼクシィ、マイナビウエディング、ハナユメを比較してみましょう。(2020年10月執筆現在)

ゼクシィ マイナビウエディング ハナユメ
掲載式場数 約2700 約800 約700
対応エリア 北海道から沖縄まで日本各地 北海道から沖縄まで日本各地 関東・関西・東海・九州などが中心
割引充実度

3社を比較すると、ゼクシィは全国各地の式場を掲載していて、式場掲載数もずば抜けて多いのがわかります。

国内、海外リゾートウエディング会場の充実度も一番で、結婚式場を探す上で最初に確認したいウエディングサイトの1つです。

ただ、お得な割引などをゼクシィのサイト側が用意している訳ではなく、式場の割引を掲載しているため、割引充実度はそこまで高くありません。

また、情報量が多く選択肢が多いというメリットですが、自分たちの挙げたい結婚式のイメージが決まっていない場合は、情報量が多すぎて絞り込めないというデメリットにもなり得ます。

ハナユメは、サイトがオシャレで、キャンペーンや割引プランも充実度しています。

写真も豊富なので、インスタのような感覚で、キレイな写真を見ながらイメージにぴったりの会場を検索できます。

3サイトの中では式場掲載数は少なく、対応エリアも限られていますが、半年以内の結婚式で適用される特典である「ハナユメ割」の割引率は非常に高いです。

ご希望の結婚式場でハナユメ割が受けられる場合は、とてもお得に結婚式を挙げることができます。

マイナビウエディングは、ちょうどこの2サイトの長所を網羅しています。

価格と情報量をバランスよく合わせ持った、オールラウンダーというイメージです。

キャンペーンも充実していて、対象者全員に商品券がプレゼントされるキャンペーンもあり、式場によってはTポイントがプレゼントされます。

また、3ヶ月以内の結婚式が安くなる「直前オトクプラン」、結婚式を挙げる上で基本的なものが網羅されている「パッケージプラン」などの人気プランもあります。

「ハナユメで探してみたけれども希望の式場は掲載されていなかった」「ゼクシィには載っているものの、割引がない」という時にこそ、マイナビも併せてチェックしてみてください。

まとめ

・マイナビウエディングサロンを経由してのキャンペーン応募がお得
・マイナビウエディングサロンや、ブライダルフェアの予約はスマホから可能
・マイナビウエディングはゼクシィ・ハナユメの長所を併せ持っている

結婚式を挙げることが決まっても、具体的には何から決めていけばいいのか分からないことが多いと思います。

自分でサイトを検索してみても情報が多すぎて困ることもありますので、まずはウエディングサロンでプロのアドバイザーに相談して決めていくのが、効率的に準備を進めていくコツです。

キャンペーンを最大限に活用して、お得に満足度の高い結婚式をあげましょう。

以上、マイナビウエディングのWEBサイト・サロンのどちらがいいのか徹底比較した記事でした。

筆者オススメ「結婚式場検索サイト」

Hanayume(ハナユメ)

結婚式場探しなら「ハナユメ」がお勧め。

ハナユメを利用すると、ブライダルフェアの予約・見学など条件クリアで全員最大26,000円の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中。

※まずはエントリー!30秒でエントリー完了できます!

HIMARI(ヒマリ)

ヒマリ

HIMARI(ヒマリ)は結婚式場を「ネット予約」できるサイトです!気に入った結婚式場・プランが見つかったら、式場に行かなくてもネットで仮予約までできます!

・挙式をしたい日や時期が明確な人

・結婚式にかかる費用が心配な人(特に、自己負担となる金額を極力少なくしたい人

・結婚相手と予定がなかなか合わず、式場探しをスムーズに進めたい人

→こんなあなたは、ぜひヒマリをチェックしてみてください!

-式場検索サイト・相談カウンター比較

Copyright© ウエディングコンシェルジュ , 2020 AllRights Reserved.