結婚式,後ろ姿,屋外

HIMARI(ヒマリ)を使って希望挙式日で最安値プランを探そう!

投稿日:

HIMARI(ヒマリ)は、各式場が用意したプランを自己負担額と挙式日の空き日から、検索と予約ができる結婚式場予約サイトです。

主な特徴は、下記の5つです。

HIMARI(ヒマリ)の特徴
・式場ごと同じプラン内容で費用の比較ができる
・自己負担額から探せる
・空いている挙式日から探せる
・ネット上で挙式日の仮予約までできる
・挙式できる日程がサイト上でわかる

今回は、HIMARI(ヒマリ)を使って、自分たちに合ったプランを見つける方法を紹介します!

式場に行く前に仮予約ができる!

結婚式場予約サイト「ヒマリ」は、ネットで挙式の空き状況がわかり、希望日時が空いていたらネットで日程の仮予約までできる業界初のサービスです!

仮予約期間は2週間だから、その間にじっくりその式場に決めるか検討することができます。(ヒマリで仮予約できるのは、ヒマリに掲載の全式場です。)

もちろん、仮予約中に結婚式場の「見学」や「試食」をすることもできるので、納得して結婚式場を決められるんです! 掲載しているのは、想定自己負担額0円~99万円以下のプランだけだから、予算に合わせた結婚式場探しが簡単にできます。

・挙式をしたい日や時期が明確な人
・結婚相手と予定がなかなか合わず、式場探しをスムーズに進めたい人

⇒こんなあなたはヒマリをチェック!

 \式場にいかなくても仮予約ができる/

他のサイトとどう違う?HIMARI(ヒマリ)のプランについて

カップル,スマホ,相談
HIMARIは結婚式場のお得な「プラン」を検索と予約できるサイトです。

他の式場検索サイトだと、結婚式場を探して、ブライダルフェア(式場見学)を予約するのが一般的な流れです。

HIMARIでは、気に入った式場の挙式ができる日程を探し、そのまま仮予約までできるという今までにないサービスです。

式場ごとに同じプラン内容で費用の比較ができる

HIMARIでは、結婚式に最低限必要なアイテムが揃った「共通のパッケージプラン」が基本なので、同じ項目が含まれたプラン内容で式場を比較をすることができます

他の式場検索サイトでは、式場によって異なる項目でできたプランが掲載されているので、式場ごとのプラン比較はしにくいのが現状です。

同じプランでも日程・時期によって異なる費用の比較ができる

HIMARIでは挙式ができる日程から結婚式場を探すことができます。

結婚式の費用は、大安、仏滅などのお日柄や人気シーズンや閑散期などの条件次第で、同じ式場で同じ内容でも大きく異なります

通常、各条件でどのくらい費用が違うかは式場に行くまでわかりません。

それがサイト上で確認できるのがHIMARIの特徴です。

主なプランの特徴について説明してきました。次の章では、HIMARIでプランを探すサイトの使い方を説明します。

HIMARI(ヒマリ)を使ったプランの探し方&仮予約の方法

カップル,スマホ,相談
では、さっそくHIMARIを使ってお得なプランの探し方から仮予約までを説明していきます。

流れとしては、

「自己負担額」か「日付・期間」から式場を検索

検索結果一覧から気になる式場プランを選択

プランの詳細を確認

プラン内容・挙式日を決める

見学日を決める

お客様情報を入力

申込み(仮予約)
ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

【プランの探し方】自己負担額と希望の挙式日から探せる

HIMARIでは「自己負担額」と「挙式日」からプランを探すことができます。

費用に関しては、トータルの費用から探すのは、他のサービスでもありますが、ご祝儀の金額を計算した「自己負担額」から検索することができるので、実際に自分たちが支払う金額のイメージがつきやすいです。

そして通常、空いている挙式日の日程は、式場に見学に行かないと分からないですが、HIMARIだとサイト上で、挙式日の空き日程を見ることが出来ます。

事前にサイト上で空いている挙式日を確認できるのは、業界初のサービスです。

検索をかけると、プランの一覧が表示されます。

一度見たプランは、「閲覧済」のマークがつきます。

プランの詳細では、ゲスト人数、挙式日の日程と追加オプションを追加・修正をすることができます。

プランの内容変更の際も、常に自己負担額と総額が分かります。

プラン内容と挙式が決まったら、そのままサイトで仮予約ができます。

ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

【仮予約の方法】希望のプランと挙式日が決まったら仮予約をしよう

上記で説明したように、自己負担額と挙式日から検索し、気に入ったプランが見つかったらそのままサイト上で挙式日とプランの仮予約ができます。

仮予約は他のサービスだと実際に式場へ行かないとできないので、結婚式探しの期間をだいぶ短縮できますね。

あとは、見学日の日程の選択をします。

最後にお客様情報を入力します。

この時、式場に「試食がしたい」などの希望がある場合は、入力しましょう。

これですべての入力は済んだので、「この内容で申し込む」ボタンを押して完了です。

以上が、プランの探し方から仮予約までの説明です。

ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

次の章では実際利用するとなった場合の注意点を紹介します。

HIMARI(ヒマリ)を利用する上での注意点

カップル,悩み

HIMARIを利用する上での注意点は、主に予約のタイミングです。

二つあるので、利用する際は頭に入れておきましょう。

プランや挙式日が未確定では予約ができないので注意

まず一つ目は、「プラン」と「挙式日」両方決めないと仮予約できないというところです。

プランだけが決まって「日程は見学の時に決めよう」といったことが出来ません。

あくまでHIMARIは検索サイトではなく、予約サイトなので日程も決めておく必要があります。

これは、ホテルや旅行を予約するのと同じでプランと日程両方を決めて、一番お得なものを見つけて予約をするイメージに近いです。

仮予約は同時に2日程までで、キープの期間は2週間

二つ目の注意点は、挙式日の仮予約は2日程までというところです。

候補の日程を全部抑えておきたいと思う人もいるかもしれませんが、抑えられるのは2日程で期間は2週間までなので、候補日はよく考えて予約するようにしましょう。

以上が、プランを予約する際の注意点です。次は、HIMARIのメリットとデメリットを紹介します。

ネットで結婚式場を仮押さえ(仮予約)できる!

HIMARI(ヒマリ)を使うメリット5つ&デメリット3つ

カップル,パソコン,相談

HIMARIのメリットとデメリットを紹介します。

しっかり、理解した上で活用しましょう!

メリット1.自己負担額から探せるので、予算的に抑えることができる

HIMARIでは自己負担額からプランを探せるので、予算内のプランを見つけることが出来ます。

トータルの費用ではなく「自己負担額」検索することが出来るので、実際に支払う金額のイメージつきやすいです。

しかも、自己負担額ゼロからも探すことが出来るので、費用面で結婚式を諦めていたカップルもHIMARIを使い、自己負担額ゼロのプランを探せば、結婚式を挙げることができます!

メリット2.「見積りシュミレーション」を使っておおよその最終見積り金額がわかる

見積りシュミレーションで最終見積りに近い総額と自己負担額がわかります。

よく結婚式の費用で困るのが、最初に式場から提示された見積りは予算以内だったが、最終に出された見積りでだいぶ費用が上がってしまうケースです。

これは、打ち合わせを重ねるうちに追加でオプションを追加していき、上がってしまうのが原因の一つです。

しかし、HIMARIの「見積りシュミレーション」では、日程・プラン・追加オプションすべてを予約時に設定し、すべて見積りに反映されるので、最終的に大幅に費用が上がるといった心配がないのです。

また、オプションを追加した状態で、自己負担額から探すこともできるので、予算に合わせてプランをさがすことができます

HIMARIで自己負担額からプランを探す

メリット3.わざわざ式場に行かなくても、空き日程がわかる

式場に行かなくても空いている挙式日をサイト上で確認することができます。

通常、挙式日の日程を決める際は、式場見学(ブライダルフェア)に行かないと空いている挙式日は分かりません。

しかし、HIMARIだと挙式日から探すことが出来るので、わざわざ式場に行かなくても空き日程をサイト上で確認することが出来ます。

メリット4.最安値で挙式ができる日程の中から挙式日を選択できる

最も安く結婚式を挙げられる日程の中から、挙式日を選ぶことが出来ます。

結婚式の費用は人気シーズン、お日柄(大安や仏滅)、曜日(平日、土曜、日曜)などの日程によって大きく費用が異なります。

同じ式場のプランでも日程を変えるだけで、何十万も安くなることもあります。

HIMARIを利用すれば、最もお得な日程が確認し、その中から日程を選ぶことができます。

メリット5.もっともお得なプランを見つけ、挙式日の仮予約までがWEB上で完結できる

上記のメリットでお伝えしたような機能を使い、自分たちに合った挙式日とプランを見つけたら、そのままサイト上で仮予約まで行うことが出来ます

これは、共働きなどでなかなか結婚式の準備に時間が取れないカップルにとっても、式場探しをかなり効率的に進めることが出来そうです!

ここまでメリットを紹介してきましたが、デメリットも知っておきましょう。

デメリット1.式場の見学予約だけはできない

カップル,相談

HIMARIは予約サイトなので、式場見学(ブライダルフェア)の予約のみはできません

ですので、結婚式場についてある程度調べ、もう予約したい!と思っているカップルが利用するにはオススメのサイトと言えるでしょう。

デメリット2.新サービスなので、HIMARI(ヒマリ)の口コミはまだ少ない

クチコミをみて決めたいと思う人も多いかもしれません、2019年3月にサービス開始したばかりなのでまだないです。

しかし、自己負担額や挙式日から検索&予約ができるなど、今までにないサービスなので、SNS等ですぐにいろいろ評判が上がってくるのではないでしょうか。

デメリット3.相談カウンターがないので、問い合わせは電話orメール

HIMARIには相談カウンターがないというところです。

もし相談したい場合は、電話かメールでの問い合わせで対応できます。逆にわざわざ足を運ばなくてもスマホだけで挙式日の仮予約までできると思えば、そこまで大きなデメリットではないかもしれませんね。

しかし、どうしても直接アドバイザーに結婚式について相談しながら探したいという場合は他のサービスの方が良いかもしれません。

有名どころだと「ゼクシィ」「ハナユメ」「マイナビウエディング」3つ。

そして、この中でも特にオススメなのはオリコン顧客満足度®ランキングで4年連続No.1*を獲得しているハナユメの「ハナユメウエディングデスク」です。
※2017年・2018年・2019年・2020年 オリコン顧客満足度®調査 結婚式場相談カウンター 第1位

ハナユメは相談だけでなく、「ハナユメ割」を使って100万円以上おトクになる*こともあるので、式場探しはじめたばかりのカップルにはハナユメがオススメ!
※ハナユメから式場見学を予約し成約いただくことが条件です
※式場、日時、人数によっては、割引額が100万円より下回る場合もあります

まとめ

・最もお得な日程で空いている日を確認できる
・仮予約するには「プラン」と「挙式日」両方決める必要がある
・基本のパッケージプランからオプションを追加することもできる

HIMARI(ヒマリ)のプランやサービス内容について理解できましたでしょうか。

結婚式を挙げたいが、「費用の面で困っている」「探す時間があまり取れない」というカップルにとってはとてもいいサービスなので、ぜひ活用して、いい結婚式を挙げられることを願っています♪

以上、HIMARI(ヒマリ)のプランについての記事でした。

昨年令和への改元があったことや、今年はオリンピックイヤーだということもあり、「記念の年に結婚式をしたい」と式場探しをしている人が今とても増えています。

その日その場所でその時間に結婚式ができるのは、1組だけ。 希望日程が確実に押さえられるよう、見学前にヒマリで仮予約をしてから見学にいくのがおすすめ!

※この記事ではHIMARI公式サイトから画像を引用しています

筆者オススメ「結婚式場検索サイト」

Hanayume(ハナユメ)

結婚式場探しなら「ハナユメ」がお勧め。

ハナユメを利用すると、ブライダルフェアの予約・見学など条件クリアで全員最大26,000円の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中。

※まずはエントリー!30秒でエントリー完了できます!

HIMARI(ヒマリ)

ヒマリ

HIMARI(ヒマリ)は結婚式場を「ネット予約」できるサイトです!気に入った結婚式場・プランが見つかったら、式場に行かなくてもネットで仮予約までできます!

・挙式をしたい日や時期が明確な人

・結婚式にかかる費用が心配な人(特に、自己負担となる金額を極力少なくしたい人

・結婚相手と予定がなかなか合わず、式場探しをスムーズに進めたい人

→こんなあなたは、ぜひヒマリをチェックしてみてください!

-式場検索サイト・相談カウンター比較

Copyright© ウエディングコンシェルジュ , 2020 AllRights Reserved.